FC2ブログ

Yシャツほたる差し替えボディ セーラーサターン

ys_hotaru_saturn_index.jpg

以前製作記事を掲載させて頂きました、
アミエ・グラン ガレージキット Yシャツほたる
の差し換え用ボディとして製作していたセーラーサターンボディとサイレンス・グレイブが完成しましたので写真など!

ys_hotaru_saturn_f.jpg

ys_hotaru_saturn_fsl.jpg

ys_hotaru_saturn_fsr.jpg

ys_hotaru_saturn_r.jpg

型取り&複製したパーツをベースに、ファンドによる造形を組み合わせて製作したセーラーサターン(のボディ)です。
プラモのミキシングに近い作り方かも?
胸の表現はちょっと色っぽい感じで、二次創作風(?)な表現にしてみました。
完全に個人的なお遊びで作り始めたので、色々粗が多いのはお許し下さい。汗

ys_hotaru_saturn_ns.jpg

ys_hotaru_saturn_ns2.jpg

Yシャツほたるの製作と同時に軽い気持ちで作り始めたのですが、いつも小改造程度の作業ばかりの私には、なかなかの大掛かりな作業に。
こういう作業をする度に、フィギュア原型師さんの凄さを改めて感じます…!

ys_hotaru_saturn_bu.jpg

ys_hotaru_saturn_bu2.jpg

ヘッドはYシャツほたるのものまんまなので、アップの写真などは省略しますが、Yシャツほたる同様に首が可動しますので、けっこう色々な表情が出せます。
ティアラはラピーテープとネイル用パーツを利用。もちろん元の Yシャツほたるに戻せるよう、取り外し可です。

ys_hotaru_saturn_rbn.jpg

チョーカーやブローチは市販パーツを使用。
デザインは本来のものと変わってしまいますが、ここは塗装では出ないキラキラ感を出したいなーと。(素人工作の限界が来ていたのもありますが!)

ys_hotaru_saturn_boots.jpg

ys_hotaru_saturn_sgv.jpg

ブーツのリボン結びは適当な太さの糸に瞬着を染み込ませて形を固定。サイレンス・グレイブは、ランナーとランナーから作った球体状のパーツなどを真ちゅう線でつないで、刃や反対側の装飾はファンド造形です。

塗装は調色した各色にガイアノーツのスターブライトシルバーやパールシルバーを混ぜたりコートしたりで塗りました。肌はお顔と同じくクリアーオレンジのシャドウ吹き→キャラクターフレッシュです。

ys_hotaru_saturn_work.jpg

ys_hotaru_saturn_mk_boots.jpg

ys_hotaru_saturn_skt.jpg

製作途中の写真もいくつか〜。
ブーツの編み上げ表現などはかなり悩みまして、最終的には厚みのあるシールのようなものを貼付けて製作しました。
スカートをキャストオフ可能にする方法なども何も知らなかったので、適宜調べながらの作業に。

ys_hotaru_saturn_ltd.jpg

ys_hotaru_saturn_ltd_r.jpg

レオタードのシワも造形しましたよー!というのを見て頂きたく押さえた写真。笑
腰の穴はリボンを固定している真ちゅう線のもの。
今後の改修のことも考えて、こういったパーツや腕なども一応取り外し出来るようにしてあります。

ys_hotaru_saturn_mk_first.jpg

最後に行き当たりばったりで作ったのが分かる一枚を。笑
途中、完成まで漕ぎ着けられるか正直かなり不安になりましたが、何とかblogにも載せられる程度のモノになって良かったです。

Yシャツほたるのお顔がすごく好きだったのでこのお顔のサターンがあれば…と思ったのも製作のきっかけの一つでしたが、けっこう珍しい恥じらい顔のサターンになったかな。
機会があればまたお写真など掲載させて下さい^ ^

ソフビライダー可動化改造

sofbi_rider_index.jpg

今回はちょっと番外編っぽい内容なのですが、
ソフビのライダーヒーローシリーズ(レジェンドライダーシリーズ)を可動化改造した記事をTwitterに上げたところ、(真骨彫Wの発売と重なったのもあるでしょうが)意外に大きな反応を頂いたのでこちらでもご紹介。

sofbi_riderw_f.jpg

sofbi_riderw_fsl.jpg

sofbi_riderw_punch.jpg

sofbi_riderw_kick.jpg

sofbi_riderw_std.jpg

こんな感じにソフビを関節部でカットし、中に針金を素体として仕込むとこんな感じに色々ポーズがとれるようになります。
ちなみにこのWはリペイントの他、アンテナやマフラー部に手を入れてありますが、もともとの造形が良いのでそのままでもかなりカッコ良くなりますよー。
アゴをちょっと引いたり、手足に角度を加えるだけで、ソフビのおもちゃに命が吹き込まれるような感じが結構好きです。

sofbi_rider_mk01.jpg

sofbi_rider_mk02.jpg

具体的な可動化改造の方法ですが、ソフビサイズに合わせたアルミ針金をねじって「大」のような形にし、それにすきまテープを巻き付けたり、前後から肉付けする感じに貼り込みます。その上からボディカラーに合ったビニールテープでぐるぐる巻いて素体とし、それに分割したソフビボディを通すだけです。
↑の画像にある黒いビニールテープはマットな質感が良いかなと思ったのですが、厚みもあって今イチでしたので、

sofbi_rider_mk03.jpg

最終的にはこんな感じで青いビニールテープを巻き付けて完成させました。
いま見るとベルト上の腰部とか分割しなくてもいい所まで切り刻んでますが、この鎧武は初めての製作ということで大目に見てやって下さい。
本当はこの鎧武のように、分割ボディパーツの隙間は多めにスポンジを盛って、ちょっと膨らませる感じにした方が馴染んで自然に見えます。(可動フィギュアでいうジョイントの球体ような感じ)
Wは久々に作ったので盛りが足りずちょっと失敗。汗

sofbi_riderw_with_dicede.jpg

sofbi_riderw_2shot.jpg

今回のWは、鎧武、ディケイドに続いてライダー3作目になります。
ディケイドで試しに作ってみた平手パーツは、Wにも欲しいところ…!
あとは複眼の表現かなーと思っているんですが、クリアレジンによる透明パーツ置き換えなどは少々手間がかかりすぎるので、塗装などで何とかそれっぽく出来ないかなと未だ思案中です。
他のフィギュアとからめれば、ヒーローショー遊びなんかもできますよ。笑
※ちなみにこのささらさんは1/10ぐらいに頭身を変えていますのでご注意を

sofbi_riderw_op.jpg

以上、Wの写真をメインにさせて頂きましたが、ソフビの針金素体による可動改造の簡単なご紹介でした。
ソフビ本体は中古ショップ等で格安入手出来ますし、改造次第ですが、基本的には素材は100均のアルミ針金、すきまテープ、ビニールテープだけなので、ほぼワンコインで製作できるお手軽さが良いところ。
針金を素体にするやり方自体は割と昔からある方法なので、ググってみると多分解説サイト等もあると思いますが、個体差によるソフビの厚みや構造の違いもあって、割と臨機応変に対応しながらの作業になりますので、気楽に遊びながらトライしてみて下さい。



BEACH QUEENS 鮎川まどか 変色問題

今回はタイトル通りのちょっとフィギュアに関する問題の記事です。

実は本日、久しぶりにビーチクの鮎川まどかを昼の太陽光の下で見たところ……

bq_ayukawa_ts01.jpg

ん?何か下半身の色が変わってる!?

↓こちらの入手編の記事
WAVE BEACH QUEENS きまぐれオレンジ☆ロード 鮎川まどか
でも書いた通り、もともと肉眼で見ると下半身の色合いが少し濃かったんですが、シャドウ吹きが多少濃いのかなーというレベルで、ここまでハッキリとした差ではなかったような……。
そこで、購入時に撮った写真と比較してみたところ、

bq_ayukawa_ts02.jpg

bq_ayukawa_ts03.jpg

(左:購入時 右:今回撮影)
うーん、やはり変色していますね。
下半身の赤っぽさが濃くなったように見えますが、上半身も多少黄変してそう見えるのか、あるいはその両方か。汗
WAVEのビーチクシリーズでよく見られるという下半身の変色問題が早くも出てきてしまったようです……。
買ってまだ3ヶ月しか経っておらず、紫外線の影響もほぼ無い場所に置いていたのですが、「期間や環境に関係なく起きる個体は起きる」というようないつぞやネット記事で読んだ通りになってしまいました。汗
(原因はPVCの黄変や上半身と下半身の素材の違いによるものなどが挙げられているようですが、ハッキリとはしていないようです)

今回の件、サポートに連絡しようかなーとも思ったのですが、このフィギュア(個体)について、他の点については不満がないので、交換品の塗装が今より悪かったり目立つ黒点などがあったりしても面倒なコトになりますし、何より交換品にも同じ現象がまた起きないとは限らないので、色々総合するとまぁこのままでも良いかなーと。
今のところ飾っている棚に置いている限りではさほど気になりませんし、どうしても気になるレベルになったら下半身のお肌だけなら塗装してしまえばいっか的な考えもあり。

とはいえ、もし同じ現象が起きた方が「あれ?変色してるのウチだけ?」と不安になった時のために記事にしておこうと思います。
ひとまず「WAVEビーチクシリーズの下半身変色問題は2016年の製品でもまだ解決してないぞーー!(たぶん)」というちょっぴり残念なご報告でした´Д`;


(2017年 11月 追記)
あれから1年ほど経ったんですが、この変色現象、最近取り出してみてみたら、だいぶ色に戻っているような印象をうけました。購入時と同じぐらいの差に戻っているような…?
少なくともこの写真に写っているような極端な赤みはなくなっていました。

保管場所は変えてないですし、理由はよく分からないんですが、考えられるとしたら、この記事の撮影日は9月でしたので、気温等が関係したのかもしれません。
いずれにせよ購入時から上半身と下半身の若干の誤差はありましたので、それが何らかの理由により色の差が激しくなったりする可能性はある、ぐらいには考えておいた方が良いのかもしれません。

もうすぐ4月(雑談)

mnv_uctv160318.jpg

気がつけば4月ももうすぐ……!
TVシリーズのガンダムUC、『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』
の放送も4月3日からということで、迫ってきましたね〜。
まさかニチアサにガンダムがやってくるとは……!
ストーリーの途中では、結構アレな展開もあったりするだけに、
さわやかな日曜の朝に流れることに少々不安もあったりですが、
何より!一番期待が高まるのは、またUC関係が盛り上がれば、
新しいフィギュア(というか、ミネバさま)が出る可能性も……?
というところなんですが、どうなんでしょう。
いずれにせよ新OP&EDなども含めて楽しみです。

ys160318.jpg

話は変わりますが、先日、生まれて初めてガレージキットを買ってしまいました……!
キャラ的に見慣れたあのコスチュームではありませんが、
分かる人には髪型だけで分かるかもしれないキャラです。笑

古い作品ということもあり、このキットは(少なくとも普通の価格では)
手に入らないだろうなーと思っていたのですが、灯台下暗し(謎)

自分の人生の中でもトップクラスで好きだったキャラなので、
普通に組む以外にも何かやりたいなーと、
春に向かってワクワクしています^ ^

お問い合わせ


◎各種お問い合わせにつきましてはこちらの「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせ下さい。

◎出品物のサポートにつきまして
当方が製作しました出品物につきましては、基本的にはノークレーム・ノーリターンとさせて頂いておりますが、破損や経年劣化などにともなう修理のご相談につきましてはお引き受けいたしておりますので、下記「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせ下さい。

※メールアドレスに誤りがある場合は、ご連絡できませんので、正確にご記入ください。(お返事が迷惑メールに振り分けられないかなど設定もご確認ください)

※お問い合わせ内容により、お返事に時間を頂く場合や、ご要望に添えない場合、有償による修理などをご相談させて頂く場合もございます。

※あくまで作者個人でのサポートになりますので、健康問題や製作環境の変化などにより、ご依頼をお引き受けできない可能性もございます。何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

【お問い合わせフォーム】

プロフィール

AKT

Author:AKT
フィギュアのカスタムとフィギュアライズやすーぱーふみな等のプラスチックな女の子を製作しています。簡単な改造アイディアやリペイントについても少々。
製作物の出品も行っています。
プロフ画:@kooritantanさん

掲載写真は、何らかの改造を施したものを多く含んでおりますので、製品購入の参考にされる際はご留意くださいませ。

各種お問い合わせ・出品物のサポートにつきましてはこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR