バンダイ スター・ウォーズ 1/12 ストームトルーパー

バンダイのスター・ウォーズシリーズから、
ダース・ベイダー( 該当記事 )に続いて、ストームトルーパーを製作しました。

trooper_fr.jpg

trooper_side.jpg

trooper_rear.jpg

こちらのトルーパーは、サンプルの時点から出来が良さそうで、
すごく楽しみにしてたんですよねー。
ベイダーと同じく要所要所にアンダーゲートを採用してあったり、
ホルスター等のパーツは軟質のプラになっているなど、
バンダイ製らしい細やかなところまで行き届いた作りで、
『人が入ってる感』のある出来上がりのプロポーションにも大満足!

trooper_head.jpg

元がこの色合いなので、パチ組みにシールを貼ればほとんど完璧に仕上がるのですが、
一応、ヘルメットの青い部分等は塗装でいってみました。
ちなみに写真では分かりづらいですが、目はグリーンのクリアパーツです。

trooper_act.jpg

可動範囲を見せようとしたら変なポーズになってしまった。笑
肩もかなり胸側にもって来られますし、とにかくよく動きます。
劇中同様(?)ちょっと間抜けたポーズさせたりするのも楽しいです。

trooper_vader.jpg

そしてベイダー卿と一緒に「これがやりたかった!」の図^ ^
2体組むのはちょっと大変かなと思っていましたが、全然そんなことはなく、
ホルスターの位置を左右対称にしたり、微妙な中の人の差を考えてみたり、結構楽しめました。

とりあえず現時点で発表されているフィギュア(キャラクター)系だと残り2種になるのかな?
次の模型更新時は、C-3POとR2-D2をコンビで載せたいと思いますー!




雑談〜

moriyuki_pinkb_ns.jpg

バック紙を替えて撮影してみた、うちのプチ改造森雪さんです。( 該当記事へのリンク
ピンクにしたら少し顔色が良くなったような……?笑
撮影のコツも少しずつ勉強していきたいですね。

閑話休題。
フィギュアーツZEROの森雪が発売されましたが……
やはり厳しめな評価が出始めてる感じですかね〜。
実は私はパッケージ画像が出始めた時点で予約をキャンセルしてしまいました。汗

デコマス通りに出てくれれば、サイズは小ぶりながら2199森雪の決定版になるかも?
なんて密かに期待していたのですが、
パッケージ画像でチラ見えしてる時点でデコマスとはだいぶん雰囲気が……;;
んー、雪のフィギュアに関しては、数の割に恵まれていない印象がありますねぇ。

そんなこともあり、私は↑のパイスーver.の別の顔パーツ製作を頭の片隅で考え始めていたりするのですが、
イスカンダル衣装ver.を見てからでも遅くない……かな?

一番くじミネバ改造(3)完成

mineva_main.jpg

一番くじ 機動戦士ガンダムUC プレリュードオブエピソード7 A賞 ミネバフィギュアスペシャルカラーver.
の改造ですが、こんな感じに出来上がりました。
【前回までの記事(1)】
【前回までの記事(2)】

mineva_fr.jpg

mineva_fs.jpg

mineva_fsl.jpg

mineva_rear.jpg

主な改造箇所は、
・おゆまるで複製したお顔をベースに、鼻と輪郭を中心に作り直し
・脚(股間部分)のディテールアップと再塗装
の2つです。
タイツがちょっと水色っぽく写っていますが、実際には一番上にパール塗装がしてあるので、この写真ほど元の色との差異はない感じです。

mineva_ws.jpg

mineva_ws2.jpg

mineva_work.jpg

お顔については、前の記事で、「目の塗装を勉強したい」みたいなことを書いていましたが、実際に挑戦してみたところ、この約1/10サイズのフィギュアの目を塗装するなど、自分ごときのウデでは到底無理でした´Д`;
そこで、目の部分はアニメ本編を参考に、Photoshopで目のデータ作って『おうちdeデカール』に鏡面印刷して貼り込み、下まつげなどの細部を面相筆で描き足したのち、クリア塗装→つや消しコートで段差を目立たないよう調整しました。

実際の目のデカール製作については、「目 デカール 自作」などの検索で出て来たサイトを大いに参考にさせて頂きました。
先人たちの試行錯誤の努力と知識に感謝……!

当初、まゆげもデカールで行こうかなと印刷はしてみたのですが、せめてこのぐらいはと鉛筆でアタリをつけたのち筆塗りでいきました。
頬にはほんの少しパステルでピンク色を入れてあります。

mineva_nsf.jpg

mineva_nsr.jpg

ちなみにマントを外すとこんな感じ。
背中や腕にはめ込み用のダボが空いていますが、気にしなければこのままでも飾れる感じですね。

mineva_groinf.jpg

mineva_groinr.jpg

造形があっさり気味だったので、ちょっと手を入れた股間部分。
比較出来る元写真がないので分かりづらいのですが、タイツのシワなどを追加してあります。

mineva_groinsktoff.jpg

mineva_work2.jpg

スペシャルカラーver.がベースということで、元はタイツ部分にパール塗装がされていたので、同じくガイアガラーのパールシルバーを重ね吹きして仕上げました。
下地で初めてフィギュアのシャドウ吹きにも挑戦してみたのですが、よく見ないと分からないかも。

mineva_headbk1.jpg

首はダブルボールジョイントを仕込んであるので、ある程度向きを変えられます。
顔の向きを変えられると、結構雰囲気が変わって色んな角度からフィギュアを楽しめるようになるので、首元が襟などで見えないフィギュアなどに限定されますが、お勧めの小改造です。

mineva_orig.jpg

ちなみに元のお顔〜。
複製したものをベースに製作したので、一応こちらのオリジナルに戻すことも出来ます。

mineva_headbk2.jpg

元のきりっとした表情も良いですが、今回はほんの少し柔らかめの表情にしたつもりです。
元の造形もありますが、UC本編よりは少しロリっぽい感じですかねー。
ZとUCの間のどこかのミネバ様と思って頂ければ。笑

いずれにせよお顔+αだけとはいえ苦労して作ったものは愛着がわいて良いものです……!
多少スキルアップも出来たと思うので、近々また別のフィギュアで挑戦してみます^ ^



(2015年6月17日追記)
タイツと手袋をもう少し白っぽく再塗装してみましたので、一応お写真も……!
ついでに腕のダボ穴もパテ埋め&塗装済み。

mineva_paint2_ns.jpg

mineva_paint2_hip.jpg

タイツがやや水色っぽかったのと、手袋の色とも少し違うのが気になりつつも、当時エアブラシの調子が悪かったこともあってそのままにしていたんですが、結局エアブラシが修理から帰ってきたのを機に最終仕上げ。

mineva_paint2_arm.jpg

両腕のダボ穴についてはパテ埋めで特に問題なしでした。
塗装に関しては、元の色に対して少しギラギラ感が足りなかったかも?
ともあれこれでマントなしでも飾れるようになり(背中のダボ穴はありますが)、
ホントにホントの完成です!




コトブキヤ STREET FIGHTER美少女 春麗 小改造

コトブキヤさんのSTREET FIGHTER美少女 春麗( 購入時の記事
のチャイナドレス後ろ側を取り外せるように小改造してみました。

chunli_choff_main.jpg
これが、

chunli_choff_main2.jpg
こんな感じです。

chunli_choff_work1.jpg

chunli_choff_work2.jpg

chunli_choff_work3.jpg

といっても、やったことは、上記のようにドレスのパーツを外して残った接着剤を削り落とし、表面処理をしたのち塗装しただけなのですが……!
レオタードは全塗装ではなく、股間の真下あたりで元の青色に戻る感じでぼかしてあります。
調色はそんなに難しくはなかったのですが、ツヤの調整がちょっと大変でした。

chunli_choff_frt.jpg

chunli_choff_back.jpg

この春麗はとてもお気に入りなんですが、元々チラ見えしていたおしり部分が、ドレスと接着されて隠れてしまっているのが何だかもったいなぁと思っていて、いっそ脱着可能に出来ないかな、と。
ただ、一つ問題があって、

chunli_choff_dabo.jpg

↑この通り、腰のパーツを取り外した部分に思いっきりダボ穴が開いてるんですよね。
こうなっていることは勇気ある?先人の方の記事で知っていましたので、パテで埋めることも考えたんですが、そうなるとラメの入っているストッキング部分にも手を入れなくてはならなくなってしまい、改造もかなり大掛かりになってしまうので、ここまでの小改造に留めました。

chunli_choff_parts.jpg

一応、チャイナドレスの方も見える範囲については、はがれてしまった塗装部分を簡単に補修してあります。

外したパーツはダボにはめこめば元通りになりますし、ひとまず角度限定ではありますが、「鑑賞しようと思えば出来る」状態という目的は達成されたので、精神衛生上?も良い感じになりました。笑
ドレス上からの造形表現も素晴らしかったのですが、とはいえ中身もちょっと気になっていたという方の参考になれば幸いです〜。


一番くじミネバ改造(2)

一番くじミネバ改造の続きです〜。
【記事その(1)】
【記事その(3)完成】

mineva_zabi_op_headsaf.jpg

お顔はパテを盛って鼻を高くし、輪郭もやや横に広げました。
といっても、髪型に収めないといけないので、ギリギリの範囲で。

サフを吹いては新たなキズを見つけ、またサフを吹いては別なゆがみが気になりの繰り返し……。
んー、フィギュアを作る方はいつもこんな地道な作業をされてるんだなぁ´Д`;
体験して改めて分かるその苦労……。

mineva_zabi_op_headmov.jpg

ついでなので、首にHOBBY BASE「関節技」の一番小さいダブルボールジョイントを仕込んで顔の向きを変えられるようにします。

余談ですが、「関節技」のボールジョイントって、サイズが大きいものが特に固くて、一度受け口にはめこむと簡単には動かないぐらいぐらいなんですよね。
関節に強力な保持力が必要な場合は良いと思うんですが、小型フィギュアの首を回す程度の改造には無駄な力が要るだけなので(パテで造形したようなものだと折れちゃう可能性も)、受け口をポリキャップにしたり、今回のようにおゆまるで簡単に作ったものを埋め込んだりしています。

mineva_zabi_op_crotch.jpg

こちらもついでなんですが、股間の造形がやけにあっさりしていたので、少々手を入れてみました。
やっぱりおしりにタイツのシワぐらいは欲しいなーと。

mineva_zabi_op_crotch2.jpg

次回は塗装&完成編……になると良いなぁ;




プロフィール

AKT

Author:AKT
フィギュアのカスタムとフィギュアライズやすーぱーふみな等のプラスチックな女の子を製作しています。簡単な改造アイディアやリペイントについても少々。
プロフ画:スペアポトフさん(Twitter @kooritantan

掲載写真は、何らかの改造を行ったものが多く含まれておりますので、製品購入の参考にされる際はご留意くださいませ。

各種お問い合わせ・出品物のサポートにつきましてはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR