FC2ブログ

ソフビライダー可動化改造

sofbi_rider_index.jpg

今回はちょっと番外編っぽい内容なのですが、
ソフビのライダーヒーローシリーズ(レジェンドライダーシリーズ)を可動化改造した記事をTwitterに上げたところ、(真骨彫Wの発売と重なったのもあるでしょうが)意外に大きな反応を頂いたのでこちらでもご紹介。

sofbi_riderw_f.jpg

sofbi_riderw_fsl.jpg

sofbi_riderw_punch.jpg

sofbi_riderw_kick.jpg

sofbi_riderw_std.jpg

こんな感じにソフビを関節部でカットし、中に針金を素体として仕込むとこんな感じに色々ポーズがとれるようになります。
ちなみにこのWはリペイントの他、アンテナやマフラー部に手を入れてありますが、もともとの造形が良いのでそのままでもかなりカッコ良くなりますよー。
アゴをちょっと引いたり、手足に角度を加えるだけで、ソフビのおもちゃに命が吹き込まれるような感じが結構好きです。

sofbi_rider_mk01.jpg

sofbi_rider_mk02.jpg

具体的な可動化改造の方法ですが、ソフビサイズに合わせたアルミ針金をねじって「大」のような形にし、それにすきまテープを巻き付けたり、前後から肉付けする感じに貼り込みます。その上からボディカラーに合ったビニールテープでぐるぐる巻いて素体とし、それに分割したソフビボディを通すだけです。
↑の画像にある黒いビニールテープはマットな質感が良いかなと思ったのですが、厚みもあって今イチでしたので、

sofbi_rider_mk03.jpg

最終的にはこんな感じで青いビニールテープを巻き付けて完成させました。
いま見るとベルト上の腰部とか分割しなくてもいい所まで切り刻んでますが、この鎧武は初めての製作ということで大目に見てやって下さい。
本当はこの鎧武のように、分割ボディパーツの隙間は多めにスポンジを盛って、ちょっと膨らませる感じにした方が馴染んで自然に見えます。(可動フィギュアでいうジョイントの球体ような感じ)
Wは久々に作ったので盛りが足りずちょっと失敗。汗

sofbi_riderw_with_dicede.jpg

sofbi_riderw_2shot.jpg

今回のWは、鎧武、ディケイドに続いてライダー3作目になります。
ディケイドで試しに作ってみた平手パーツは、Wにも欲しいところ…!
あとは複眼の表現かなーと思っているんですが、クリアレジンによる透明パーツ置き換えなどは少々手間がかかりすぎるので、塗装などで何とかそれっぽく出来ないかなと未だ思案中です。
他のフィギュアとからめれば、ヒーローショー遊びなんかもできますよ。笑
※ちなみにこのささらさんは1/10ぐらいに頭身を変えていますのでご注意を

sofbi_riderw_op.jpg

以上、Wの写真をメインにさせて頂きましたが、ソフビの針金素体による可動改造の簡単なご紹介でした。
ソフビ本体は中古ショップ等で格安入手出来ますし、改造次第ですが、基本的には素材は100均のアルミ針金、すきまテープ、ビニールテープだけなので、ほぼワンコインで製作できるお手軽さが良いところ。
針金を素体にするやり方自体は割と昔からある方法なので、ググってみると多分解説サイト等もあると思いますが、個体差によるソフビの厚みや構造の違いもあって、割と臨機応変に対応しながらの作業になりますので、気楽に遊びながらトライしてみて下さい。



すーぱーふみな ねこ耳形態?

fumina_neko_index.jpg

すーぱーふみなに更なる改造を……と、言うほどのものでは全くないのですが、
すーぱーふみな ティターンズメイドver.(ねこ耳形態)をちょっと先取りして、しっぽを製作、取り付けてみました。

fumina_neko_tail.jpg

しっぽの取り付けは完全にやっつけです。汗
ふみなTのサンプル画像に追加パーツ等の一覧があり、腰にかませる形のしっぽの取り付けパーツがあったので、なるほどと思い、似たような物を作ってくっつけてみました。
一応、根元には簡易ダブルボールを仕込んで可動させています。(ネコミミは他フィギュア流用)

fumina_neko_nk.jpg

これを作って写真撮ったらかなり満足してしまった感もあるのですが、予約済みの手前、ふみなTもまた違った楽しみ方を見い出さなくては…!
メイクとかちょっと派手目にして2Pカラーのダークふみなとかも良いかも。

fumina_neko_katyu.jpg

ここまで来たら、ということで他フィギュアにも使えるよう、カチューシャの形でうさ耳なんかも作り始めました。
ついでにハロウィン小物流用でヘアアクセ的なものも出来たらな、と思ったりしてます^ ^



アミエ・グラン ガレージキット Yシャツほたる

ys_hotaru_index.jpg

アミエ・グラン ガレージキット「Yシャツほたる」を製作しました。
美少女戦士セーラームーンの「土萌ほたる」を原画集にあるYシャツのイラストをもとに立体化したキットですねー。
ちなみにこちらが初ガレージキット製作!

・顔パーツをおゆまるで複製、ポリパテに置き換え
・首の可動化

上記改造等を行ったものを撮影しておりますので、製品購入の参考にされる際はその点ご了承の上ご覧下さいませ。

ys_hotaru_fr.jpg

ys_hotaru_fsl.jpg

ys_hotaru_rsr.jpg

ys_hotaru_b.jpg

ys_hotaru_rsl.jpg

ys_hotaru_fsr.jpg

全身くるり。
シンプルなキットですが、素人の自分には気泡の埋め方などレジン関係のノウハウ、台座はどこで買えばいいの?などなど、結構分からないことも多くて、色々と情報収集しながらの作業でした。
ただ、面相については今までフィギュアをちょこちょこ弄ってきた技術(と、いうほど凄いモノでもないですが)が、少し役立った感がありますね。

ys_hotaru_wsf.jpg

ys_hotaru_wsl.jpg

ys_hotaru_wsr.jpg

ys_hotaru_wsc.jpg

上半身アップ目に。
顔パーツは前述の通りポリパテに置き換え、首と分割してダブルボールジョイントを仕込むいつもの可動改造をしています。
髪はグレーのグラデをベースにガイアの純色バイオレットをクリアと混ぜて重ね塗り。
前髪を外せばお顔のパーツが外せるようにしてあるので、いずれ表情パーツなんかも作れたらいいな、と…!

ys_hotaru_mk_hd_comp.jpg

お顔の作業工程。
左:未塗装の状態。一応オリジナルとして取っておいてあります。
真ん中:まつげ等の基本部分を描き込んで目の自作デカールを貼り込んだ段階。ここで一度クリアーコートでセーブ。
右:さらに描き込み。このあとはチークなどを入れてつや消しコートで出来上がり。

ys_hotaru_bdf.jpg

ys_hotaru_bdb.jpg

ボディまわり。
クレオスのGXクールホワイトにガイアのパールシルバーを重ね塗り。
Yシャツ1枚(!)ということで、若干の透け感を入れています。

ys_hotaru_bdup1.jpg

ys_hotaru_bdup2.jpg

ys_hotaru_bdup3.jpg

アオリ気味におみ足。
両足を閉じた状態になっており、先に接着&合わせ目消しをしてしまうと、股間にエアブラシの塗料が入って行かないので、股間周辺を部分塗装→接着&合わせ目消し→全体を塗装という2段階の作業になります。
ここは手を抜く訳にもいかず?ちょっと大変でした。

ys_hotaru_k_neck.jpg

ys_hotaru_k_neck2.jpg

ys_hotaru_bu.jpg

お顔アップ。
首の可動化は横方向からの見栄えが悪くなるのがデメリットですが(それでも飾る際のメリットの方が大きいので自分は多くのフィギュアを可動化していますが)、ほたるの場合は髪型のおかげで問題なしですね…!
目をグロスにしてあるのが写真で分かると良いのですが。

ys_hotaru_wall.jpg

以上、初のガレキ製作ということで、ちょっとお写真多めでご紹介させて頂きましたー。
土萠ほたるはセラムンの中でも一番好きなキャラなので、かなり気合い入れて製作しました。
3月下旬頃の購入報告からずいぶんと時間が経ちましたが、
実は、気合いが入りすぎてというか……

ys_hotaru_mk_k_ss1.jpg

↑のようなものも作っていたり…笑。
本体が割とシンプルですぐ出来そうに見えたもので、ちょっと遊びで作ってみようかなーというノリで始めたのですが、これが想定外の作業量で未だ完成に至らず…汗
ちゃんとご紹介できる形になるか分からないのですが、もし機会が出来たらお写真など掲載させて頂きますね!

-----------------------
レジンキャスト組立キット 「美少女戦士セーラームーン原画集」より Yシャツほたる(土萌ほたる)
メーカー:アミエ・グラン
スケール:1/8
全高:約185mm(実寸/足裏の接地面から頭頂部まで)
原型:森川浩志(GALATEA)
-----------------------

バンダイ メカコレ VF-31C ジークフリードファイターモード(ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機)

vf_31c_mira_index.jpg

マクロスΔ最終回記念?
メカコレのVF-31C ジークフリード(ミラージュ機)を製作しました。

vf_31c_mira_k_1.jpg

キャノピー部とバーニア部を塗装した以外はスミ入れとシールだけの簡単フィニッシュです。
詳しいスケール比較などは分からないのですが、翼形状のおかげか単純に他のメカコレよりも大きめに感じて満足感高め。

vf_31c_mira_k_2.jpg

vf_31c_mira_k_3.jpg

バーニアの部分はダークグレーの指定ですが、Mr.メタルカラーのクロームシルバーで塗装しました。
とりあえずピカピカ光ってる方が好きなので。笑

vf_31c_mira2.jpg

全塗装したらマスキングどんだけ大変だろうという機体のカラーリングですが、バンダイ様の付属シールが優秀なので助かります。
つまようじのようなものでモールドまでしっかり貼り込むと、違和感なく仕上がりますよー。
もちろん、写真で見えているような印刷のアミ点も肉眼ではほとんど気になりませんのでご安心を…!

vf_31c_mira1.jpg

実は最初は、キャノピー部もシールでそのまま貼ってたんですが、曲面の貼り込みがあまりキレイに仕上がらなかったので、デザインナイフで切り抜いて塗装に切り替えた次第。
ナイフのキズをクリアで埋めたり、シールのフチのささくれを直したりひと苦労。
台紙にあるうちに計画的に処理していれば……。汗

macross_delta_mira1.jpg

しかし、まさか大人になってもマクロスシリーズの最新作が放送されて、そのプラモを作ってるとは思わなかったですね…!笑
私が覚えている限りでは、最初に作ったマクロスのプラモは確かマックスのバルキリーでした。
「青色で何かカッコいいから!」というような理由だった気がしますが、天才パイロットでありながら敵であるミリアに一目惚れして結婚してしまうというやや破天荒な面も含めて、大人になった今でも大好きなキャラの一人になったのでした。

macross_delta_mira2.jpg

そして、その孫であるミラージュがどんな活躍をしてくれるのだろう…?
残念ながら、大きな期待ほどには本編での活躍の場がなかった気がしますね。

それでも、最終話にほんの一瞬流れた、幼いミラージュがミリアの機体に触れているシーンは、どこか初めてマックス機に触れた自分の幼少時代の記憶と重なり合う部分があったりして(もっともこちらは模型ですが 笑)、地味でマジメで目立たないミラージュさんだからこそ、また自分の中で愛すべきキャラクターとなっていくのかもしれません。

vf-31c_jf_mira_pkg.jpg

引き続きエリシオンも作りますよー。


セガ TVアニメ 「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」PMフィギュア マリー(リペイント小改造)

p4g_marie_index.jpg

セガ TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」PMフィギュア マリー
を入手しましたのでお写真など。

・分解、クリーニング
・首の可動化(頭部パーツ切り離し)
・塗装の一部修正と、顔のリペイント(リタッチ)

上記の処理を行ったものを撮影しておりますので、製品購入の参考にされる際はその点ご了承の上ご覧下さいませ。

p4g_marie_fr.jpg

p4g_marie_fsl.jpg

p4g_marie_fsr.jpg

p4g_marie_fr2.jpg

全体はこんな感じ。
小物が充実していて、ちょっとしたヴィネットといった感もある良い雰囲気のフィギュアです。
シャツが少々シンプルに見えたので茶系でスミ入れを行っています。

p4g_marie_hd.jpg

お顔アップ。
まつげ等、目元付近の情報量を増やす方向のリタッチしていますが、もとのお顔もなかなか可愛らしいです。

p4g_marie_ns.jpg

p4g_marie_k_hd.jpg

首を可動させるとこんな雰囲気。
目線があるのであまり大きく逆方向に向けたりすると不自然さも出て来てしまいますが、もともと前傾姿勢+帽子でお顔がやや見づらいので、デスクに置いたりする時にちょっと上向きにしたり、場所を変えて飾りたい時などに良いですよ^ ^

p4g_marie_cap.jpg

ちょっと闇落ち風に。帽子があると色々遊べますねー。

p4g_marie_capoff.jpg

ちなみに帽子を取るとこんな感じ。
手に持たせるようにしてもなかなか良い感じに。

p4g_marie_capoff2.jpg

グラビアや美少女イラストによくあるアングル。笑

p4g_marie_under.jpg

ちらりと見えるパンツは白!です。

p4g_marie_cf.jpg

接着剤を外して分解すると、腰部分からベルト→シャツ下部→スカートと順に抜き取れますので、お腹付近はダボが見えますが、一応キャストオフ状態で飾ることも可能。
ただ、一度分解すると、ひざに乗せた手など、各パーツの合いが悪くなるのであまりおすすめできないかも?

p4g_marie_with.jpg

ワンコインフィギュアの「ジャックランタン&ジャックフロスト」と。
10月と言えばハロウィンですので、今月に入ったらこのネタをやろうと思ってました。笑

プライズとはいえペルソナの世界観をコンパクトにまとめたような良フィギュアで、貴重なマリーのフィギュアをこういった高クオリティのフィギュアとしてリリースして下さったセガさんに感謝感謝。
付属パーツを色々と組み合わせを変えて楽しめますし、マリーファンにはおすすめのフィギュアです^ ^




TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」PMフィギュア マリー
メーカー:セガ
スケール:NON(1/10ぐらい)
全高:約150mm(実寸/テレビに座った状態で帽子の上まで)
原型:アサノユウジ(will)
プロフィール

AKT

Author:AKT
フィギュアのカスタムとフィギュアライズやすーぱーふみな等のプラスチックな女の子を製作しています。簡単な改造アイディアやリペイントについても少々。
製作物の出品も行っています。
プロフ画:@kooritantanさん

掲載写真は、何らかの改造を施したものを多く含んでおりますので、製品購入の参考にされる際はご留意くださいませ。

各種お問い合わせ・出品物のサポートにつきましてはこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR