FC2ブログ

HGAB ダンバイン

dunbine_index.jpg

HGAB ダンバインを製作しましたのでお写真と紹介など。
まさかの?ダンバインシリーズプラモが大量再販されるということで、一部でけっこう話題になりました。
家電量販店の店頭などでパッケージを見かけて、懐かしいと思った方もいらっしゃったのではないでしょうか。

製作は、いつもの部分塗装+スミ入れ+つや消しコートの簡単仕上げです。
まぁ、張り切って写真撮るほどの作例ではないのですが 笑、たまに模型のほうも載せないと、ということで…!

dunbine_ov_fr.jpg

dunbine_ov_fsl.jpg

dunbine_ov_fsr.jpg

dunbine_ov_b.jpg

とりあえずくるりと。
改造箇所は、頭部のひさし部分が、正面から見るとやや変な角度だったので少しサイドを削ったのと、ふくらはぎのフィンがちょっと飛び出てる感じになっていたので、こちらもヤスリがけで形を整えました。
あとは足の角ばっていた部分を多少面取りしたぐらいで、ほぼキットそのままです。

ダンバインは斜め〜横付近の角度から見たとき本当に格好良いのですよね。
キットとしては古い設計だけに色々問題点も見受けられますが、この唯一無二の生物的ロボットデザインは今見ても素晴らしいです。
仮組みした時点で「やっぱりカッコイイなぁ…!」とかなりテンションアップ^ ^

dunbine_hand.jpg

で、その問題点の一つとして大きなものが、関節部を覆っているものと同じこのゴム製?のような素材で出来ている手ですねー。
オーラソードも差し込み穴でおそるおそる保持しているぐらいの感じです。
こんなオーラバトラーいやだ。笑

dunbine_hand2.jpg

「くっ……この手が……!」
みたいなポーズに図らずもなってしまいましたが。笑
ゴム系は素材の劣化もありそうなので、折り見て市販のガンプラ用のハンドと交換しようかと。とにかく全体のデザインはカッコいいです。(そればっかり)

dunbine_shoulder2.jpg

塗り分けで大変なのがこの肩と太もも上部などにある赤い部分。
しかも、場所が場所だけに擦れて剥がれやすいので、取り扱いにもやや気を使います。
今のバンダイなら間違いなく成形色の別パーツにしているところでしょうが。

それと、オーラ・コンバーターが重くて後ろに反り返りやすく、安定感が今イチですね。
幸いというか足首付近には広めのスペースがあるので、可動に支障ない範囲でオモリになるものを詰めたりしても良いかもしれません。

dunbine_base.jpg

ちなみに仮組みの状態はこんな感じでした。
「色分け済み」表記になる前のバンダイのプラモデルといった感じですね。
とはいえ、比較的大掛かりな塗装になるのは鞘ぐらいなので、筆塗りで全然大丈夫なレベルです。

dunbine_full.jpg

以上、1/72 HGABダンバイン作例のご紹介でした。

ところで、このキットを作り終えた頃だったでしょうか、今夏にロボット魂でサーバインが発売されるという発表が…!
これがまた本当に格好良くて一見の価値アリなので一応以下に公式サイトのリンクも↓

http://tamashii.jp/item/11350/

既に発売済みのロボット魂ダンバインも含め、これらの最新技術でよみがえった完成品と比べると、さすがにプラモは見劣りしますが、勿論価格も違いますし、気軽に立体物としてダンバインシリーズを手にとってみたいという方にはとても良い選択肢ではないかと^ ^

しかし、今回はあらためてダンバインという作品のメカデザインの素晴らしさを感じましたねー。
子どもの頃は、変形機構も含めて新しい方がカッコ良く見えたのかビルバインのほうが好きでしたが、今はダンバインやサーバインのような有機的デザインの方が圧倒的に魅力的に感じます。

懐かしいと感じる方も新しいと感じる方も、ダンバインシリーズの立体物が充実してきたこの機会にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか^ ^




コメントの投稿

なにもかも懐かしい

どーも、ライダーです。
マジンガ―などのスーパーロボットは頻繁に見かけるのですが(笑)、この手のサンライズロボは懐かしさと渋さを感じます。当時(またもや年齢がばれる)、ガンダムは当然ながら、ザブングルやダグラムなどのプラモに夢中になってた時、この有機的な生物というか、昆虫的なフォルムに新鮮さを覚えてプラモを買いに走った記憶があります。
最初は手に入らず、ドラムロでしたがその後…茶色いダンバインしか無い!と嘆いていました。(笑)

このHGAB、実はその存在知らなかったです…。見かけた事がなかった…値段がかなり手頃ですね。MG(?)のダンバイン欲しかったんですけど中古でプレミア価格みたくなっててなかなか手が出せないですし。新品は店頭では見た事がないんですよ。(地方なもので)

当初子供の時、後半主役機のビルバインが出た時にカッコイイと思ったのですが、大人的に考えるとなぜ、この素晴らしい生物的メカとファンタジーな世界観にあの超メカメカしいロボだったのでしょうね、今だと完璧にこっちです。

特にサーバインとかめちゃくちゃカッコイイと思いますね。ただ、昔、ガレージキットにシールドが付いてて、その表面に裸体の女性がもろモールドされてて、「ここで剣を受けるのか!」と思ったことも。(笑)ま、それも、この世界観ならありかも。

現在車の音楽の中にマニアックな懐アニを集めた曲が入っており、この主題歌はいいですよね、あきません。

昔のアニメの主題歌はなんでこんなに燃えるんだろと思いますね(笑)。

Re: なにもかも懐かしい

ライダーさん、コメントありがとうございます^ ^

ザブングルも食玩(スーパーミニプラ)で大きな動きがありましたが、
最近は特にその辺が懐かしい世代を狙いに来てる感じがありますね。笑
HGABの大量再販もそんな流れだったのかもしれません。
もっともクリミィーマミなど30年以上前の作品でさえグッズ展開を普通に見かける昨今では、
レトロアニメファンというのは若い世代も含めて一定数いるのでしょうが…!

このHGダンバインは当時価格ということと、MGほどの完成度ではないにしろ、
プロポーションもかなり良く、お買い得に感じますね。
そうそう!今大人目線で見ると、ビルバインは何だか違和感あるのですよねー。
ガンダムと同じように玩具メーカーの都合なんかもあったのかもしれません。
説明書にある出渕氏の設定画とかもすごくカッコイイですし、
サーバインのようなメカが動き回る現代クオリティのアニメも見て見たいものです…!

昔のアニソンは名曲が多いですよね〜。
最近は80年代テイストの曲をアイドルが歌ってることも多くて、
何が新しいのかよく分からなくなってきます。笑
プロフィール

AKT

Author:AKT
フィギュアのカスタムとフィギュアライズやすーぱーふみな等のプラスチックな女の子を製作しています。簡単な改造アイディアやリペイントについても少々。
製作物の出品も行っています。
プロフ画:@kooritantanさん

掲載写真は、何らかの改造を施したものを多く含んでおりますので、製品購入の参考にされる際はご留意くださいませ。

各種お問い合わせ・出品物のサポートにつきましてはこちら

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR